So-net無料ブログ作成

四つの顔 [太陽の塔]

11090502.jpg

万博公園中央口から園内に入るといつも変わらず目の前にド~ンとそびえ立っている太陽の塔。
春夏秋冬いつも誰かしら写真を撮っているのを目にしないことはありません。
この太陽の塔、表側に二面、裏側に一面、顔を持っていますが
かつての博覧会の時に地下にも顔を持っていました。
しかし、万博終了の際の後片付けのどさくさに、その行方が分からなくなってしまいました。
ということは最近では有名な話なので今更という感じですが・・・^^

11090505.jpg

ついこの間までその幻の「第四の顔」のレプリカの展示が
かつての「鉄鋼館」である「EXPO'70パビリオン」で行われていました。
私も9月半ばにこの展示を見に行ったのですが
ブログにでも載せようと思いながら撮った写真があることを
この間コスモスを撮りに行くまですっかり忘れていました(笑
入場すると岡本太郎さんの人形がしっかりと「なんだこれは!」の格好をしてお出迎えしてくれました^^

11090501.jpg

さて、これが「第四の顔」。
太陽の塔の顔にはそれぞれ意味があるのですが
これは「心の顔」を表しているんだそうです。
たぶん小さい頃に見ているはずなのですが、まったく覚えていませんでした^^;

11090503.jpg

バラ園よりイサム・ノグチ作「月の世界」と太陽の塔「黒い太陽(過去の顔)」。
ちなみに正面の金色の顔は「未来の顔」、お腹の顔は「現在の顔」なんだそうです。

11090507.jpg

お祭り広場の模型を写してみましたが、あまりよく写せませんでした^^;
昔、ここで催し物見ながらお弁当食べた様な気がします。
太陽の塔の内部には生命の木というのがあって
つい最近まで内部ツアーをやっていたんですが、もうやってないのかな。
何回か応募しましたが結局当たらずに見ることができませんでした。

それにしても、なんか今更のような記事ですいません。
nice!(17) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 17

コスモス フェア太陽の子 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます